コンテンツ

水道のシャワーホースが水漏れしている場合の修理

シャワーから水が漏れている場合、混合水栓から水が漏れている場合とシャワーヘッドやホースから水が漏れている場合とが挙げられます。水栓を止めても水が漏れているようであれば水栓が原因ですので水道 修理の専門業者を呼ぶことをおすすめします。水栓を止めると水漏れが止まるのであればシャワーヘッドなどが原因のため自力での水道の修理も可能です。

■簡単なトラブルは自分で修理できる

シャワーホースの修理自体は日曜大工程度の知識さえあれば自分でも修理できます。まずホースに小さな穴が空いた場合は自己癒着テープとパワーテープの組み合わせで対処します。自己癒着テープは伸縮性があり、強く巻きつけるだけでテープ同士が接着する性質を持っています。穴の空いている部分の周りの水気を拭ってから自己癒着テープを3周程度巻きつけて穴を塞ぎ、その上からパワーテープを数回撒いて補強します。
シャワーヘッドの付け根で水が漏れている場合はジョイント部分のパッキンやナットの内側にはめ込まれたOリングが損傷している場合が多いです。また、ホースと混合水栓の間の水漏れの場合はジョイント部分と同様にパッキンが摩耗している場合もありますが、混合水栓とホースを繋ぐエルボと呼ばれる部品が劣化している場合があります。パッキンやエルボを交換することで水漏れが解決しますが、メーカーによって口径や接続方法が違いますのでホームセンターに現物を持っていって確認するのが一番です。

■経年劣化は避けられない

小さな傷であれば細かな修理だけで大抵はなんとかなりますが、10年くらい年月が経ってくるとどうしても部品だけでなくホース全体が劣化してしまい、修理が追いつかなくなります。穴が頻繁に開くようになったり、全体的に大きく裂けるといった場合にはホース全体の交換が必要になります。また、シャワーヘッドもシャワーの穴以外から水が吹き出すようになったら全体的な交換が必要です。
シャワーの交換は特に道具を必要としないためそれほど難しい作業ではありません。ホームセンターなどで販売されているため好みのものへ交換できます。ただし、シャワーヘッドに関しては壁に取り付けられたフックのサイズと違うものを購入してしまうとサイズが合わずフックへかけられなくなってしまいますので予め寸法を測定しておいてください。

■まとめ
シャワー周りのパッキンの交換は自分でもできるため、気軽にチャレンジできる修理内容となっています。しかし、水道設備に問題がある場合には確実に修理ができるという確証がない場合は、専門業者に任せるのが最善です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ