コンテンツ

洗濯機につながっている水道の修理

洗濯機から水が漏れている場合、何よりもまずしなければいけない事はこれ以上の水漏れを防ぐために洗濯機につながる水道の蛇口を閉めることです。漏水は床下まで広がる多ため、設置場所が2階以上の場合ですとさらに下の階の天井にまで被害を及ぼします。
それからどこから漏れているか目で確かめます。洗濯機本体の不具合の場合は洗濯機の専門業者にしか頼めませんが、排水管 水漏れ等の場合には自力で部品の修理を行うことができる場合があります。

■排水口周りから漏れているケースが一番多い

洗濯機からの水漏れが起こりやすい場所としては排水ホースの周りが第一に挙げられます。これは排水ホース自体が劣化によってひび割れや穴が発生するだけでなく、排水ホースがうまくつながっていなくて両端から漏水する場合があります。
また、洗濯機を置くためのレイアウト上、排水ホースの長さが足りずに延長ホースを使用している場合につなぎ目から漏水する場合もあります。排水口自体も洗濯の際の糸くずなどの異物が入り込みやすく、それが原因で詰まってしまい逆流すると行ったケースもあります。

■排水ホースの対処法

まず洗濯機を置いている防水パンが十分な大きさでない場合、設置する際に排水パイプを本体が踏み潰してしまい変形して傷が発生することがあります。この場合水漏れ用の補修テープを使用します。洗濯機周りは湿っている上床に近いためホコリも多いため、まずテープを巻く部分をきれいに清掃して、きちんと隙間なく巻きつけます。テープが巻けたのを確認してから水を流し、漏れがなければ修理は終了です。
長年使用して排水用ホースが劣化している場合は全部取り替えることをおすすめします。ホースの排水エルボにはホースクリップで止められえているだけですし、洗濯機本体にもただ押し込まれているだけですので簡単に外せます。新しい排水ホースはホームセンターやネットでも売られています。
使用する大体の長さに合わせて蛇腹のない部分をカットし、外す前にあったようにはめ込んで必要に応じてホースクリップで止めれば完成です。更に万全を期するなら排水テープなどで接続口をしっかりと巻くと良いでしょう。

■まとめ
このように一番トラブルの多い排水周りに関しては個人でも修理ができます。ただし、排水口を探す際に洗濯機を持ち上げる必要があったり、排水口が洗濯機の下にあって特殊な取り付け工具を使用している場合もあります。自分で対応することが難しい時には水道の専門業者依頼することもできます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ