コンテンツ

キッチンの排水など水道の水漏れにおける修理

キッチンなどの水回りで水漏れが発生した場合は、まずは溢れ出た水の処理を行わなくてはいけません。特に排水管 水漏れで汚水が流出した場合には床下まで染み込んでしまう恐れがあり、構造材を腐食させるだけでなくシロアリやカビ、ダニなどを発生させる原因となります。また、床下の電気配線部分まで浸水すると漏電火災の原因となりますので修理の前には漏れ出た汚水の除去を行ってください。

■排水トラップ周りの水漏れ

シンクには下水道や排水管から上がってくる匂いをせき止めるためのトラップが接続されています。昔は汚水管をS字型にして中に水をためていましたが現在では寸胴型の排水トラップがシンクに接続されており、そこに封水と呼ばれる水が溜め込まれていてS字配管の代わりをしています。
このシンクとトラップの接続部分には通常ゴムパッキンを挟んで漏水を防いでいますがゴムは使用しているうちに経年劣化してしまいます。もし破損しているようであれば、ホームセンターで新しいものを購入して交換します。
そしてトラップから床下の排水管までは蛇腹状のビニール製の排水ホースで繋がっています。ここの接続部分も通常はゴムパッキンを挟んで水漏れを防いでいますので劣化する場合があります。大抵はゴムパッキンの交換で修理はできますが、ゴムパッキンが完全に癒着していて交換が難しい場合はトラップ自体を交換する必要があります。

■ホース自体の水漏れ

排水ホース自体はビニール製のため経年劣化で破損する場合もありますし、無理な力が加わってホースが裂けてしまう場合もあります。そのため、もし破損が見つけられた場合や10年くらい経過した場合はホース自体を取り替えるのが良いでしょう。
また、排水パイプと床下の排水管のパイプとはしっかり固定されていないケースが多く、防臭キャップなど簡単なもので済ませている場合も多いです。そのためホースの掃除などでワイヤーブラシを押し込んだ場合、引き抜く際にホースごと引っ張ってしまい抜けてしまう場合があります。その場合は慌てずにつなぎ直せば問題ありません。ただし、排水管が詰まってしまい溜まった水圧によって抜けてしまった場合は高圧洗浄しなくてはいけないので専門業者を呼んでください。

■まとめ
このようにキッチンの排水関係の水道修理は個人でも行えますが、まずは溢れた水の除去を優先してください。汚水によって建物の資産価値が失われるだけでなく、マンションなどの集合住宅の場合は下の階にまで垂れる可能性があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ